今すぐエスケープ
A213ef42 e494 4427 bcc7 db5728adc990 1920

バクー

アゼルバイジャン

アゼルバイジャンの首都であるバクーは、ペルシャの起源からソビエトの支配までいくつも折り重なる過去を持つ古都です。この街はアゼルバイジャン最大の文化の中心地でもあり、最初の劇場が建設され、最初のオペラが上演され、最初の図書館が開館しました。「風の街」として知られるこの街は、現代的なユーラシア、古い路地、ユネスコ世界遺産に登録されているシルヴァンシャー宮殿と乙女の塔などの歴史的建造物が融合する場所です。砂岩でできた宮殿は中世にアゼルバイジャン北東部を支配した王朝の遺物です。夜になったらバクーの近代建築を代表する炎の塔に行って、魔法のような輝かしい摩天楼に酔いしれましょう。

おすすめの目的地